童貞へ風俗のススメ

下着姿の男女
「俺だけ童貞」「やっぱオナと違う?」

はじめてのセックスはどんなに気持ちいいのか、思春期のころから想像に胸を膨らませていても、いまだに童貞。

そんな男性、最近増えています。
セックスしたいけど、周りに女性がいない、疎遠、友達止まりなど理由は人それぞれ。しかし周りはどんどん童貞卒業してきづいたら取り残されてしまった。

そんなあなたへオススメしたい、風俗デビュー。
正直、甘いロマンスなんていらないという人こそ、絶対に風俗へ行くべきなのだ。

セックスも経験値が結局大切。
いきおいでOKなんて、10代か20代前半だけ。

20代にもなって、入れた瞬間発射してしまうという失態をおかさないためにも、いまのうちに鍛錬が必要なんです。

まだ風俗へいったことがない、超初心者へおくる童貞デビューの道筋をご紹介します。

風俗とは

風俗は古くは古くは吉原といわれた江戸時代に始まります。
セックスをする本番もあれば、手で抜いてくれるところ、おっパブといわれるおっぱいだけとにかく触りまくるところと意外にもバリエーション豊か。

本番やる気満々でいったのに、中にいれられない場所でしたなんて恥ずかしい経験をしなためにもその種類から勉強していきましょう。

風俗バリエーション

本番一本勝負!
ということであれば、絶対に「ソープランド」一択です。

他は性サービスはしてくれますが、入れることができないからです。
童貞を卒業したいなら、ソープランドと検索!

本番はできないけれど、それ以外が経験できるのがデリヘルです。
人によっては本番までしてくれる場所もあるようですが、表向きはできないとなっています。基本のフェラから手コキ、素股までバリエーション豊富で人気です。

またマニアにオススメしたいのが、イメクラ。
女性が看護師や教師、学生などになりきって、コスチュームを着用してプレイできます。
こちらも本番以外はできるため、○○プレイがしたいという方にオススメ!

値段は投資!童貞とサヨナラする

風俗と言えども色々な種類がありましたね。

気になる値段は、ソープランドで60分平均2~3万円が一般的。
入浴料+サービス料の総額が料金になります。

ソープランド自体が、公衆浴場としての立場があるため、お店の料金として入浴料がかかってくるというワケなんです。

サービス料は女性への料金ですが、キャバクラのようにランキングがあり指名すると指名料が別途とられます。

童貞を華々しく好みの女性を指名したいというのであれば、自分への投資として奮発していきましょう。