女慣れするためにどうすれば?

メールで女性と話す
「目の前の女性と何を話せばいいかわからない」
「意識しすぎて無言になる」

そんな女性慣れしていない男性にオススメなのが、ライブチャット。
ライブチャットでは、顔を合わせることなく女性とメールができます。

慣れてくれば女性と電話やTV電話をすることができ、女性アレルギーのリハビリにはもってこいなんです。

そんな女性アレルギーの俺様たちへそそぐ、女慣れするための過程をご紹介します。

過剰意識を捨てろ

身近に女友達がいない、男ばかりで免疫がないという男性にとって、「女」というだけで過剰な意識をしてしまいます。

結果、コンパをしても何もせずおわった、飲みにはしって撃沈してしまったなど、やらかし事件も発生してしまうわけです。

結果からいうと、女慣れするには直接関わるしか克服することはできません。
女性と関わる回数が増えるだけで、緊張感が薄れ出会いを逃がしません。

とはいえ、女性アレルギーの男性に身近な女性なんていません。
そこで有効なのがネットを使った出会いです。

直接会うのではなく、まずはネット上で会話をしていくことだけを楽しむのです。
例えばライブチャットやマッチングアプリです。

正直、メールだけで永遠と時がすぎるため自分のペースで返信できます。
数名とやりとりするようになってくると、女性の気持ちを分かったかのように若干の余裕を感じるようになります。

そうなれば次のステップです。

キャバクラやスナックへ行き、リアルな女の子たちと会話していきましょう。
相手も仕事のため、こっちが頑張らなくても会話を盛り上げてくれます。

こちらも慣れてくれば、次はいよいよガチの素人女性との会話です。
これには友人の助けも必要で、コンパや相席居酒屋を利用して、お仕事じゃない女性と自分から話題を振って積極的に話せるようにしていきましょう。

いかがでしたか?
女性アレルギーの男性にとって、一番初めのステップこそ抵抗があると思いますが、人間慣れる生き物です。
まずは挑戦と思って、ネットからのライブチャットから始めていきましょう。